メインイメージ

マーケティングに最適な媒体

ホームページはマーケティングに最適な媒体です

最近の企業の大半はホームページを持っています。

ホームページは企業の顔でもあるのですが、膨大な量のウェブサイトの中にある1つのページになります。
そのため、企業の顔でもあるホームページは利用者に探し出して貰う事が必要であり、多くの人に探し出して貰う事でホームページは販売促進効果を高めるマーケティングとしての利用が可能になるのです。
これはウェブマーケティングと呼ばれるもので、インターネットのウェブ上にあるホームページやウェブサイトを利用する事からもウェブマーケティングと呼ばれているのです。

従来のウェブサイトと言うのは、訪れた人に驚きや感動を与えることが主流でした。
これはインターネットが普及し始めた当初の話であり、それほどウェブサイトの量も今と比べるとかなり少ない時代の話です。

インターネットの中にあるウェブサイトの量が少ない時代は、検索を行う事で検索結果のページの中では自らのウェブサイトなどが上位表示されやすい時代でもあったわけです。
これはウェブサイトの量と言うものが少ないことからも、このように言われているのです。
しかしながら、インターネットが主流となった現代において、単に見栄えが良いホームページ作りをしているだけでは、人を多く集めることが困難になっています。

と言うのも、インターネットの中には膨大な量のウェブサイトがあり、その数は1兆を超えるとも言われているのです。

検索エンジン最適化と言うのは、ホームページの記述言語でもあるHTMLに工夫を凝らす事を行う事で、検索結果のページの中で自らのウェブサイトのリンクなどを上位表示させることが可能になるのです。

上位表示されることで、ウェブサイトのリンクは目立つ位置に入る事になることからも、集客率が高くなると言われているのです。

例えば、自ら何らかの情報を調べる時は検索エンジンを使って情報を調べることになります。
そして、検索結果の表示されたウェブサイトのリンクは数ページに渡っている事が多いわけですが、大半の場合が1ページ目の上位から十番にウェブサイトを訪れるケースが多いのが特徴です。

検索エンジン最適化を行う事で、結果のページの中で上位表示が行われれば、それだけ多くの人が目にする機会が多くなりますので、ホームページに訪れる人の数を増やす事が可能になり、ウェブマーケティングとしての効果を高めることが可能になるのです。
また、集客率を高めることで販売促進にも繋がり、結果的に利益をもたらしてくれるホームページを作り出す事が可能になるのです。