メインイメージ

404エラーに注意

ホームページで404エラーを出さないために

ホームページは、更新を繰り返して成長していきます。最初はそれほど多くないページで始めたとしても、追加したり削除したりを繰り返していくと、リンクが切れてしまうページが出てしまうことがあります。

このようにリンクが切れているページを表示させようとすると、「404エラー」が出てしまいます。もしこのエラーが出てしまったら、それは指定したファイルにリンクして飛んでいくことができなかったということで、対処しなければなりません。

ホームページで404エラーが出るとき、考えられる原因はリンクのファイル名の不一致です。リンクとして飛ばそうとしたファイル名を間違っているか、あるいは飛ばす先のファイル名が間違っているかのどちらかです。

ファイル名を間違えていることが原因なのは変わりませんが、間違えやすいファイル名を使っていることが大きな問題になります。この問題を避けるためには、ホームページを作成するときに、最初からファイル名の命名ルールを作っておくことが大事になります。

具体的に例を挙げると、大きなカテゴリーを示す英字+小さなカテゴリーを示す英字+連番(3桁、ただし10番ずつぐらいで番号を振る)のようにします。同じカテゴリーであれば、連番の部分が変わっていきますし、カテゴリーごと追加するときは、英字の部分が変わっていきますので、うまく階層構造を作ることができます。

この方法を使うと、上位のカテゴリーが合っているのに404エラーが出たのであれば、下のカテゴリーか連番が間違っていると判断できますので、どこを調べたらいいのか調べやすくなります。逆に、このような工夫を凝らしておかないと、発見しにくいのがこのエラーの特徴でもあります。

あと、本当はあってはならないミスとして、ファイル名は合っているのにそのファイルをサーバに転送していなかったという、実はよくやってしまうということがあります。ホームページのファイルは、最終的にWebサーバにファイルを転送して初めて表示されますので、リンク先のファイルを転送し忘れる、転送先のフォルダを間違えてしまってリンクとして飛ぶことができない、というミスは、実によくあります。

ホームページを更新したら毎回全ファイル・全データをサーバに転送しなおすということは、時間の無駄ですので更新をしたファイルだけ転送するわけですが、新規に追加したときにこのミスをよくやってしまいます。これも階層構造のルールをちゃんと決めてその階層のファイルを全部転送することにすれば、404エラーはだいぶ回避できるようになるはずです。