メインイメージ

編集ソフトについて

お勧めのホームページ編集ソフトについて

ホームページ編集を行う場合に、統合開発環境ツールとエディタの2つがあれば問題ありません。ただしソフトを使ってみて自分にあうものを使用する必要があります。エディタとして使いやすいのが、「Crescent Eve」です。Crescent Eveは、強力なHTMLタグ入力補間が特徴です。

HTMLタグ打ちで入力を行う場合は、1文字2文字入力しただけで、HTMLタグの項目が表示されてます。必要なHTMLタグを選択して打つことで、効率良くコーディングを行います。HTMLタグ精度が優秀なので、作業していてスムーズに行うことができます。市販のソフトや統合環境ツールよりも、圧倒的なレスポンスの早さが特徴です。簡単なHTMLの修正では、これに勝る物を探すのは、難しいです。

ホームページ作成・編集の重要なエディタの一つです。次に「UnEditor」です。こちらは、ファイル複数をタブで表示することができます。複数のファイルを同時編集を行うのに便利です。

ソースコードに応じて色分けもできます。PHPやSQLやHTMLなど、さまざまな言語の色分けしてくれます。ファイルの比較機能の優秀です。ホームページの過去の編集データに戻したい・新規編集部分も残したい場合に比較機能を使うことで、どこがどれだけ変更されたかわかります。

内容を片方のファイルに反映することも容易にできます。あとこのエディタは、強力なgrep機能があります。選択したディレクトリ内のファイルを全検索を行い該当箇所を探します。探した対象に対して文字変換や削除を行うことができます。

ホームページ作成時に用語変更を行うと、全てのサイト内の用語を変更する必要があります。このソフトを使うと手軽に使うことができます。文字列検索で、正規表現を使った検索もできます。ファイル内の改行やスペース削除も容易にできます。ホームページ内のページ数が多くなるほど、このエディタの価値が増します。

あと統合環境ツールとして「NetBeans IDE」が便利です。プログラムコードを書く上での入力補間をしてくれるので便利です。プラグインを使うとさまざまなフレームワーク環境上で使用される関数の入力補間をしてくれます。

他の統合環境ツールと違い、軽いのも有利な点です。統合環境ツールは、総じて重く使わない機能もたくさんあります。使わない機能を外した状態でインストールを行うと軽快に動作して助かります。