メインイメージ

ナノテクノロジーの現状

ナノテクノロジーの現状をホームページで勉強した

ナノテクノロジーをテーマに扱ったホームページは、たくさんあります。ナノテクノロジーのような完全な実用化を考えるには、先の話です。ナノテクノロジーを研究テーマとして取り扱っている大学の研究室ホームページや企業研究のホームページ上で見ることが、できます。ナノテクノロジーは、幅が広い研究のテーマです。

電子企業の研究ホームページだけでなく、医療関係のホームページやバイオテクノロジーや化学系のホームページでも取り扱っています。

それぐらいどこの研究分野でも、重要なキーワードであるといえます。ナノテクノロジーは、原子スケールで物事を考えたときに起こる現象を上手く使って産業に応用することを考えます。現在の技術レベルでも高分子スケールの化粧品を作ることで、少ない量で顔の回りを化粧できる物が作られています。これまでの化粧品のものよりも粒子のサイズが原子スケールに近づいたことで、実現をしています。

化学の分野でも、通常では混ざらないものも原子・分子スケールにすることで、混ぜることができたりします。今までに無かった合金や樹脂の製造が可能になると言われています。バイオの分野では、有機物反応を原子・分子スケールで起こすことができます。より少ない量で、生物学的な反応を作ることができると考えられています。

特定の病気だけを狙って破壊するや、特定のウィルスのみを攻撃するなどが考えられます。特に原子スケールの現象を使うことで産業の内容が変わるかもしれないのが、電子産業です。

原子スケールで物理学を勉強すると原子は、粒子性と波動性の両方が存在します。原子には、粒子の特徴を持ち波としての特徴を持っています。この両方持っている特性を使うことで、非常に高性能なデバイスが作れるだろうと期待されています。

現在のコンピュータ技術は、ビットと呼ばれる考え方をします。1ビットが持てる値は、1か0しかありません。電気が流れるか流れないで決まります。ある動作に対して結果が決まると、それ以外になることができません。原子スケールの場合は、違います。量子ビット(キュビット)の場合は、粒子の状態と波動の状態が混在した状態になります。

上手い制御方法を確立することで、通常のビットの一意の状態が2のn乗のパターンをn個のビットで表すことができます。これを並列処理技術を合わせることで、高性能な電子デバイスを作成できると言われています。

一室全部をコンピューターを置いて並列計算で使う地球シュミレータのような高性能デバイスを、既存のCPUサイズで実現できると考えられています。