メインイメージ

予約システムの作り方

ホームページ作製知識のある人が作る、予約システムの作り方

ホームページ作製知識があれば、専門的なプログラムの勉強をせずに予約システムを作製できます。作り方は、wordpressを使います。wordpressの良い所は、ヴィジュアル的に選択してシステム構築ができることです。WordPressのプラグイン:シンプル予約システムを使えば、比較的に簡単にシステムを作れます。

作ったシステムは、レンタルサーバ上に置くことで公開できます。ホームページを公開している人なら簡単にできると思います。まずWordPressの本サイトに行ってソフトをダウンロードしてインストールをしてください。予約システムプラグインのMTS Simple Booking Cをダウンロードします。

インストールしたWordPressのプラグイン選択からMTS Simple Booking Cの圧縮ファイルを選択してインストールを行います。あとは、追加された予約システムのメニュー内容にそって必要項目を選択します。選択が全て終われば、作製終了してシステムのホームページを見て出来栄えを見ます。

動作確認をして足りない場合は、機能の追加を行います。満足するシステムのホームページができれば、公開作業に入ります。シンプルなシステムならば、30分で作製が終わります。ただしデザインが固定されているため、独自のデザインを適応する場合は、ホームページの修正と同じくHTMLとCSSの修正が必要です。

ボタンに独自の画像ボタンにするや背景画像の追加やタブの色変更を行う場合は、コードの修正が必要になります。動的に変更する処理にしたい場合は、JavaScriptやPHPの追加・修正が必要になります。またデータ項目で、どうしても特殊なこと(例:小数点・計算)を扱いたい場合は、プログラムコードを修正する必要があります。

wordpressでできることは、決められたフォーマット内で簡単に作れるシステムです。大幅な大改造をすることも可能です。本当に必要な機能が欲しい場合は、ゼロベースからシステムを構築した方が容量が軽くて使いやすいシステムができます。あくまで短時間でプログラム知識が無い人でも気軽にシステム構築ができるのが、wordpressの強みです。

完成したシステムは、レンタルサーバにファイル一式をアップロードすることで使えるようになります。レンタルサーバを借りるときは、PHPやデータベースがサーバの要件に合うことが望ましいです。合わないと動作しないことがあります。気をつけましょう。